「坐骨の痛み」施術後のうれしいメールをいただきました!

こんにちは!サンライズボディケア
院長の藤原です
いつもブログを見ていただき
ありがとうございます<(_ _)>

 

昨日はうれしいメールをいただきました

僕の知人の紹介で来られた60代の女性です
半年くらい前から人工透析をはじめられ
透析中はベットの上で食事をとられるそうです

このとき脚を前に投げ出して座っているのですが
おしり(厳密にいうと坐骨結節のあたり)が痛くてたまらない
坐骨結節というのは
おしりと太ももの付け根にある
骨盤のとんがったところです
それと仙骨のきわもピリピリしている
これがこの方の主訴です

こんな場合はまず殿筋を調整します
大まかに大殿筋をゆるめた後
中殿筋を触るとやはりかなりの硬縮があります
次にハムストリングス(太ももの裏側)をゆるめ
ふくらはぎに移り足底もゆるめます

ここまで来たらとりあえず
下半身はいったん置いといて

次に脊柱起立筋(背骨をはさんで両脇にある太い筋肉)
をゆるめ最後に首をゆるめます

ほぼ身体の裏側をゆるめましたが
殿筋とハムストリングスはもう一度入念にゆるめます

これで確認のために
痛みの出ていた姿勢をとってもらいます
この方の場合
ベッドに脚を投げ出して座る姿勢です

「あ~ 痛くない」と言われ笑みが浮かんでいます

来られたときはかなり疲労のご様子で
一回の施術でどれだけ改善できるか
正直わかりませんでしたが
とりあえず痛みは消えたそうです

楽な状態を長く保たれるよう
今後のセルフケアなどもお伝えして
お別れしたわけですけど
昨晩ご紹介者さまからメールが入ってきました

施術後の疼痛が取れた嬉しい感想です

「今までに受けたことがないやり方で
良かったです」 との追伸も入ってきました

こんな声がモチベーションを上げてくれます
色々な症状に対応できるよう
日々精進をかさねてまいります

 

 

カテゴリー: 独り言, ◆お客様の声 - 整体