岡山マラソンに向けて足腰以外にこんな所を調整してみてはいかがでしょうか?

こんにちは
サンライズボディケア院長の藤原です
いつもブログをご覧いただき
ありがとうございます<(_ _)>

 

最近走っている人が多いな?と思ったら
11月13日(日)は岡山マラソンの日だったんですね

皆さん大会前のラストスパートです

 

ところでマラソン前の身体のメンテナンスといえば、足腰の調整が主で
とりわけ足底、ふくらはぎ、膝、大腿、股関節などが思い浮かびます
しかしマラソンは長時間です
足腰の調整に加えて重要なのが呼吸筋の調整です

 

呼吸筋というのは、文字通り呼吸するための筋肉で
肋骨を引き上げるための首回りの筋肉や、肋間筋、横隔膜、腹筋群などがあります

マラソン前にこれらの筋肉が硬くなっていてはどうでしょう?
胸郭が拡がらず酸素が十分に取り込みにくい状態になっています

酸素が十分に取り込めないということは細胞に栄養や酸素がいきわたりにくく
合わせて細胞が吐き出す二酸化炭素や老廃物の処理もしにくくなります

これはランナーにとって少々厳しい状態ですね

もしも事前に呼吸筋がゆるんでいれば

・タイムが縮まる

・長く走っていられる

そんな可能性がふくらんできます

 

岡山市の整体院で施術すると筋肉がゆるみ走りやすくなります

 

さとう式リンパケアでベストコンディションに仕上げませんか?

・首回りをゆるめ→口腔を拡げます

・肋間筋や横隔膜をゆるめ→胸腔を拡げます

・腹筋群をゆるめ→腹腔を拡げます

これらはさとう式が最も得意とする分野です

 

身体が内から拡がって呼吸がしやすくなれば

走りやすいばかりか、その後の負担も軽減されると考えます

 

皆さんケガや故障のないように
楽しんで走ってくださいね

 

 

 

 

カテゴリー: さとう式リンパケア&MRT, 身体について