ニューイヤーコンサート

昨日はシンフォニーホールでの

西本智美&イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

のニューイヤーコンサートに行って来ました






開演時間は午後2時なので

とりあえず腹ごしらえに

表町の「およべ」で昼食です


手前が僕の鴨なんばうどん

奥が妻の五目野菜あんかけうどんです

どちらも美味しく満足満足


お腹もよくなっていざ会場へ



多くの人が会場入りしています




何を隠そうオーケストラのコンサートは初めてなので

何を着て行けばいいのか少し迷いましたが
割と皆さん普通な感じです


今日演奏される曲目を紹介すると

ヨハン・シュトラウスⅡ世「皇帝円舞曲」

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調

ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」

ヨハン・シュトラウスⅡ世 ワルツ「美しく青きドナウ」

といったところです



特に一番聴きたかったのが「新世界より」なのです

僕が中学生当時吹奏楽部にいて

コンクールの自由曲をこの曲で演奏したので

非常に思い出のある曲なのです

かねてより生でこの曲を聴きたいと思っていました


席について待っていると

何人かの団員がチューニングをしています

やがてチューニングも終わり

全員ステージへ入ってきます

そろったところで

西本智美さんの登場です

お辞儀をして早速演奏が始まりました

綺麗 凛々しい

タクトをふる姿もかっこいい

と言ったところです



「新世界より」が気になっていたのですが

他の曲も演奏もすばらしい


特にヴァイオリン協奏曲のソロなどは

聴いていて目頭が熱くなりました


この曲の前に司会の方が出てこられましたが

何と中井美穂さんではありませんか

ちょっとプチサプライズでした


そしてお待ちかねの「新世界より」です

第一楽章から第四楽章まで

当時からレコードを何回も聴いて

ほとんど覚えてます

目の前で演奏が繰り広げられ

幸せ感に包まれたり鳥肌が立ったり

生の音はやっぱり違いますね


最後は「美しく青きドナウ」で

その後2曲アンコールがありましたが

肩肘張らずに楽しく盛り上がりました


クラシック音楽にあまり馴染みのない妻が

居眠りするかな?と思いもしましたが

そんな心配は無用

最後までパッチリ目を開けて

充分楽しんでいる様子でした


いや~生の音ってホント素晴らしいですね

かなり心がリフレッシュされた感じです

また機会があれば行きたいですね

最高の休日となった一日でした (^_^)

 ●整体 → こちら ドキドキ



★エステ 初回トライアル → こちら ドキドキ
 ●エステ フェイシャル → 
こちら ドキドキ
 ●エステ ボディ     → 
こちら ドキドキ


岡山市 整体・エステ サンライズボディケア
http://sunrise-bodycare.com/
↑詳しくはホームページをご覧下さい↑







読者登録してね


カテゴリー: 独り言