西大寺会陽に思う

思い起こせば10年程前

今晩開催される岡山市西大寺のはだか祭に参加しました



宝木獲得を狙ったわけではなく

せっかく岡山に住んでるなら

話のネタ的にと思ったり

後厄もあったりで

当時毎年参加していた人の仲間に入れてもらい

出場することとなったのです



まず最初にまわしを締める

初めてなので慣れた人に締めてもらいましたが

その時の感覚は

おしりの割れ目が裂けそうなくらいに締め上げられ

その瞬間キリッと身が引き締まり

戦闘モードにスイッチが入る感覚でした



それから待合所を出て

3列か4列縦隊になり肩を組んで

ワッショイ!ワッショイ!と声をあげながら

観音院の中へと入って行くのです



参道を行進していると

両サイドから「頑張れー」の声援や

カメラのフラッシュなどが焚かれ

まるでお相撲さんのように

肩や背中をバシバシたたかれました



そしていよいよ境内の裸の渦の中に突入です

 ※注意事項・・・・決して上げた腕を下げてはいけない

   もし下がったらそのまま身体がもぐってしまい

   浮上することは出来ずあんこがでても踏みつけられる


そんなことを聞いていたので

必死でバンザイの姿勢を保ってました


やがて照明が落とされ

真っ暗な中に宝木が投下されました


もちろん宝木など狙ってなかったのですが

なんとバンザイしていた手の中に

枝宝木がすっぽり転がり込んできました

宝木でも枝宝木でもなんでもいいから

手に入りそうなものはとりあえずGETです


すかさずまわしの中にしまいこんで

逃げようとするのですが

皆に股間を弄られ払いのけるのに一生懸命でした


何はともあれ無我夢中で待合所まで逃げ込めた

そんな思い出を持っています


傍で見ていると随分乱暴な祭りに見えるでしょうが

結構みんなルールを守って安全でした


あと数時間で投下の時刻です

福男目指して皆さん頑張ってください メラメラ



 

カテゴリー: 独り言